動脈硬化の予防 対策

動脈硬化とは?

動脈は、体のあらゆるところに、酸素や栄養などを運んでいます。
栄養や酸素が不足したり、血液の脂質(コレステロールなど)がたまったり、高血圧によって血管に負担がかかっていたり、動脈の細胞が新しく生成されなくなったりして、動脈に弾力性がなくなり、硬くて壊れやすくなります。

 

また、動脈にコレストロールなどがたまり(プラーク)、その表面が破れると、血栓(血管の中で、血液が固まる)ができて、血管を詰まらせてしまいます。
このように、動脈壁が厚くなったり、動脈が硬くなったりして、血液の流れる部分が狭くなり、血液がスムーズに流れなくなる状態を、「動脈硬化」と言います。
また、動脈硬化が原因で、さまざまな症状が身体に現れることを、「動脈硬化症」と言います。

 

動脈硬化には、3種類あります。
「アテローム(粥状)動脈硬化」は、比較的太い動脈(脳動脈、大動脈、冠動脈など)に発生する動脈硬化のことです。
コレステロールなどの脂肪でできた、ドロドロの粥状物質が、動脈内膜に溜まることで、アテローム(粥状硬化巣)ができます。
そして、徐々に、それが厚くなって、動脈の内腔を狭くしていきます。
アテローム動脈硬化は、患者数が圧倒的に多く、コレステロールと深く関わっています。

 

「細動脈硬化」は、細い動脈(脳、目の網膜、腎臓)などが硬くなって、ふさがってしまったり、血管壁が全体的に破裂し、出血を起こしたりします。
長期間、高血圧が続いている場合に、起こる傾向があるようです。

 

 

「メンケルベルグ型(中膜)硬化」は、動脈の中膜にカルシウム(石灰質)が溜まり、硬くなったり、もろくなったりします。
また、血管の壁が破れることもあります。
下肢や頚部の動脈、大動脈に発生しやすい動脈硬化です。
高脂血症は、肉・魚の調理の仕方や、使用する調理器具を工夫するだけで、予防することができます。
肉の動物性脂肪は、「飽和脂肪酸」を多く含んでおり、摂り過ぎると高脂血症の原因となります。

 

そのため、カレーやシチュー、すき焼きなどのように、脂肪をそのまま取り込む調理方法よりも、茹でたり、蒸したりする調理方法にしましょう。
このような調理法は、熱を通している間に、余分な脂肪を落とすことができます。